2019年9月20日

破産手続の基本的な流れについて(1)

破産手続の種類として、①同時廃止手続と②管財手続の2種類があります。

①同時廃止手続
一般的なサラリーマンなど、事業者ではない個人で、かつ、資産がほとんどない方のための手続です。管財手続のように破産管財人が選任されませんので、手続が比較的簡易・迅速に進みます。

②管財手続
事業者である個人、不動産など一定以上の財産をお持ちの個人、会社などの法人のための手続です。裁判所から破産管財人が選任され、破産管財人が財産の調査、換価手続などを行い、債権者集会を経て、配当できるだけの財産が残れば、債権者に対する配当手続を行います。

次回から、2回に分けて、同時廃止手続、管財手続のそれぞれの手続の流れをご紹介したいと思います。

トラックバック(0) コメント(0) 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット