新着情報

ブログページに「破産手続の基本的な流れについて(4)」を追加しました。

前回からの続きとして、破産管財事件の流れをご紹介したいと思います。今回は、法人または個人事業者の管財事件についてご紹介します。 <法人または個人事業者の管財事件手続> ①通常、弁護士に依頼をすると、弁護士から各債権者へ破産準備に入った旨の通知を送付します。 しかし、現在営業中の会社の場合、取引の状況や、従業員の状況、資金繰りの状況等をお聞きして、直ちに営業を停止すべきではない場合もあるかと思います。 いつの時点で...

ブログページに「破産手続の基本的な流れについて(3)」を追加しました。

前回からの続きとして、今回は破産管財事件の流れをご紹介したいと思います。まずは、事業者を除く個人の管財事件についてご紹介します。 事業者ではない個人の方で管財事件になる場合は、不動産や一定以上の預貯金・保険解約返戻金などの財産をお持ちか、ギャンブルによる浪費等で裁判所が管財人の監督が必要と判断した場合になります。 <事業者を除く個人の管財事件手続> ①弁護士に破産手続きを依頼すると、弁護士から各債権者へ破産準備...

ブログページに「破産手続の基本的な流れについて(2)」を追加しました。

前回からの続きとして、まずは同時廃止手続の流れをご紹介したいと思います。 ①弁護士に破産手続を依頼をすると、弁護士から各債権者へ破産準備に入った旨の通知を送付します。 これ以後、税金など公租公課を除いて、負債の支払いは止めていただきます。 この間、一部の債権者だけに支払いを行った場合、偏頗弁済といって、免責不許可事由の1つとなりますので、ご注意ください。 免責については後に述べます。 ②弁護士の下へ債権者から...